パリに見出されたピアニスト au bout des doigts

Comment

コメント

ピアニストとして、自分の人生も中々ドラマティックだと思っていたけど、マチューの人生にも憧れる。
ピアニストの映画は大抵「こんなの映画の中だけ」と思ってしまうものだけど、これは違った。
プロから観ても、「こんなピアニストが是非いてほしい」と思うものだった。

清塚 信也さん / ピアニスト

音楽は人生、人生は音楽だ。
絢爛たるピアノ演奏を通じ、劇的な人生模様が鮮やかに浮かび上がる。
音楽を題材にし、これほど見事に人生を描き切った映画を、私は知らない。

安倍 寧さん / 音楽評論家

なんと言っても主人公のマチューを演じるジュール・ベンシュトリが魅力的だし、
恩師のピアノを形見に貰って独学でピアノの腕を上げていって美事な演奏するのが素晴らしい。

おすぎさん / 映画評論家

音楽は選ばれた優等生のものでもなく、お金持ちの贅沢品でもない。
生きぬくための苦しみ、祈り、溢れる愛であることが劇的に伝わってくる!
こんな奇跡がもっと起ったらいいね。

加藤 登紀子さん / 歌手

きっと全ての台詞をなくし、音楽だけを流しても、この映画はあなたの胸に落ちてくる。

中山 七里さん / 小説家

切なく情熱的な映画に心奪われた。
ピアノを諦めきれない青年の湧きいずる魂の叫びが私の心を震わせた。
沸々と流れるラフマニノフが観た人の心に宿ること間違いない。

千住 真理子さん / ヴァイオリニスト

出逢う人、出逢い方、出逢った言葉、そしてタイミング。
ピアノの存在が人間模様を操り小さな男の子を夢ある未来へと連れてゆく。
出逢った全てが人生のfoundation☻

萬田 久子さん / 女優

暖かい涙が今も流れてます。
願わくば! 小学生の頃の私にこの映画を見せてあげたい。
今久しぶりにピアノが弾きたくてたまりません。
もう一度ピアノに恋♡
有難うございます。

♡さゆりさん / 夫婦漫才師(かつみ♡さゆり)

久しぶりに、音楽とは何かという原点に立ち返らせてもらった気がしました。
この映画は、私が映画監督だったら是非撮りたいと強く願ったと思います。
トランティニアンの孫の少年が素晴らしい!!

池田 理代子さん / 劇画家・声楽家

駅の雑踏の中、バッハの前奏曲を奏で続けるマチュー。
僕には、その眉間の埋みに音楽の神様が本当に宿っているように見えた。
この作品に「ヤラれた」と思った瞬間でしたね!

さそうあきらさん / 漫画家

音楽が人を結びつける物語に憧れます。
人との出会いによって人生が動く瞬間の美しさが、彼のピアノの音と演奏する姿そのものに表れていました。
やっぱり音楽はいいなあ。

小玉ユキさん / 漫画家

モノクロの鍵盤が極彩色の人間模様を奏でる。青年の情熱と超絶技巧が心に響く。
あなたは大切な人に響く音色を奏でていますか?人生の目標を見失った迷い人必見!
夢捜しましょう。

紫吹 淳さん / 女優

*順不同

(C)Récifilms – TF1 Droits Audiovisuels – Everest Films – France 2 Cinema – Nexus Factory – Umedia 2018