BMX・競輪

有明アーバンスポーツパークのアクセスや座席と屋根は?収容人数や跡地はどうなる?【東京五輪会場】

新型コロナウイルスの世界的感染拡大から、延期が避けられなくなってきた東京オリンピック。そんな中でも会場の整備や選手たちの熱い戦いは今でも行われている状況です。

今回は、スケボーやBMXなどの会場として開設される有明アーバンスポーツパークのアクセスや収容人数などについて調べてみました!




東京オリンピック・スケボーとBMXの会場は有明アーバンスポーツパーク

有明アーバンスポーツパークはこちらになります!

東京都江東区有明1丁目7番

選手村や東京ビッグサイトからも近いウォーターフロントエリアの有明北地区に開設される有明アーバンスポーツパークは自転車競技やスケボーなどの会場となっています。海辺の綺麗な景色を眺めながら競技を熱く観戦できそうですね!




有明アーバンスポーツパークのアクセスや行き方最寄り駅は?

有明アーバンスポーツパークのアクセスはこんな感じになっています。

■通常時

  • 東京臨海高速鉄道りんかい線「国際展示場駅」下車徒歩約8分
  • 東京臨海新交通臨海線ゆりかもめ「有明テニスの森駅」下車徒歩約1分
  • 都営バス 東16、都05「東京駅」から乗車、「有明テニスの森」下車徒歩約3分
  • 都営バス 海01「門前仲町駅」から乗車、「有明テニスの森」下車徒歩約3分
    (このバスは、「越中島駅」「東京テレポート駅」「お台場海浜公園駅」「豊洲駅」を経由します。)
  • ※公共交通機関をご利用ください。

■大会開催時

  • 東京臨海高速鉄道りんかい線「国際展示場駅」下車徒歩
  • 東京臨海新交通臨海線ゆりかもめ「有明テニスの森駅」下車徒歩
  • ※公共交通機関をご利用ください。
    ※駅から会場までの所要時間は現在検討しています。
    ※駅は追加・変更の可能性があります。
    ※「有明テニスの森駅」はアクセシブルルートとして利用を想定しています。

通常時と大会開催時はルートが異なるようですが、駅からはかなり近い立地のようです。

「アクセシブルルート」とは

アクセシビリティに配慮が必要な観客に対して想定する
バリアフリーなど、負担の少ないルート




有明アーバンスポーツパークの観客席・座席や収容人数は?

有明アーバンスポーツパークの収容人数は以下となります。

  • オリンピック 自転車競技(BMXレーシング):5,000
  • 自転車競技(BMXフリースタイル):6,600(座席:3,000、立ち見:3,600)
  • スケートボード(ストリート・パーク):7,000

なんと立ち見席があります!BMXレーシングであれば、席に座って見るよりも、立ち見で迫力を感じたほうが楽しいかもしれませんね!




有明アーバンスポーツパークに屋根は?雨の場合は防げる?

有明アーバンスポーツパークは仮設競技場とのことから、おそらく屋根は敷設されないのではないでしょうか。そのため、カッパなどの雨具の準備は必要かと思います。傘は使えないと思っておいたほうがいいでしょう

また、夏季開催の大会ということから、暑さ対策も必要です。帽子や日焼け止め、熱中症防止のための水分など、ある程度準備しておいたほうが安心かもしれませんね。お子さんとの観戦を検討されている方は是非暑さ対策もお忘れなく




有明アーバンスポーツパークのオリンピック後の跡地はどうなる?

仮設となる有明アーバンスポーツパークですが、跡地については検討が続いているようです。現時点では観客席を撤去した上で大会シンボルモニュメント、青海アーバンスポーツパーク(江東区)を会場とするスポーツクライミング3×3バスケットボールの競技施設などを移設する構想もあるようです。

せっかく整備するのですから、有効に活用して欲しいですよね。また、スケボーなどはなかなか常設のコースなどもなかったりする関係上、こうした固定の会場、というのがあってもいいのかもしれません。




まとめ

有明のウォーターフロントに登場するアーバンスポーツパーク。根強いファンが多いBMXやスケボー競技が開催されるとのことから、かなり賑わいそうな雰囲気がありますよね。

競技開催自体は延期が濃厚な状況となっていますが、是非この素敵な会場で、今回から新設されるBMX競技やスケボー競技が盛り上がることを期待しながら待ちたいですね