野球

永田務のwikiプロフィール経歴と自衛隊の過去?!身長出身や中学高校に結婚彼女はあと年齢障害も【東京パラリンピック】

大怪我を乗り越え、東京パラリンピックのマラソン代表として彗星のごとく現れ注目を集めた選手といえば永田務選手がいます。

今回は永田務選手についてwikiプロフィールと自衛隊の過去、身長や出身、中学高校などの学歴や結婚、彼女、障がいについてまとめました。




永田務選手が東京パラリンピック陸上に出場

永田務選手は、身体障害3級で東京パラリンピック長距離期待の選手として14年ぶりに出場します。男子T46(上肢障害)のマラソン日本代表は史上初となります。

障害を持った選手たちが持つたくさんの可能性や力を、自分の走りを通して伝えたい」と、意気込みを語ります。




永田務選手のプロフィール・経歴・所属

永田務選手のプロフィールをまとめてみました!

  • 名前:永田 務(ながた つとむ)
  • 出身地:新潟県村上市
  • 生年月日:1984年2月20日
  • 年齢:37歳
  • 身長:175cm
  • 所属:新潟県身体障害者団体連合会

小学生の頃、肥満解消を目的に始めたのが陸上という永田務選手。痩せるごとに記録が伸び、それを励みに競技に打ち込むという生活を続けていたそうです。

しかしながら中学高校と続けていた競技も結果が出ず、誘われて入隊した自衛隊で陸上部に所属、練習を重ねることで実力をつけていったそうですが、時間に追われる生活に嫌気がさし、除隊したといいます。

その後事故によって負った大怪我、そこから這い上がり現在に至ります。




永田務選手の出身中学高校大学


永田務選手の学歴も調べてみました。

  • 中学校:村上第一中学
  • 高校:村上桜ヶ丘高校

中学では陸上部に入り、1,500m、3,000mの選手になった永田務選手。3,000mで下越大会で優勝、県大会では結果を出すことができず最後から2番めだったそうです。

高校3年生の時、箱根駅伝にも出場していた関東の大学に進学できるという話がありましたが、父親が「今の記録で箱根は走れない」と言われ、猛練習をしたそう。

練習ではいい記録が出るのに本番に14分台のタイムが出せずに大学は諦め、マラソンが継続できる就職先として自衛隊への入隊を決めたそうです。




永田務選手の病気や障害とは?

時間に追われる生活に嫌気がさし、自衛隊を除隊した永田務選手。その後勤務していたゴミ処理会社での作業中に機械に右腕を挟まれ、大怪我を負ってしまいます。

右腕の開放骨折で計10回も手術を受けたそう。やる気がなくなり自暴自棄になって投げ出したい気持ちになるところを「走ること」で希望を見い出せると思えたと語る永田務選手。それだけ走ることが好きだったのでしょうね。

退院して走るようになりますが、右手が思うように振れないためタイムも伸びなかったので、トラックを諦めてウルトラマラソンに集中することにしたそうです。




永田務選手の結婚や彼女は?

永田務選手は2019年3月に結婚されています。この結婚を気に東京から新潟へ戻られたそうで、2020年6月27日第1子が誕生しています。

お相手の「麻衣子さん」との馴れ初めなどは明らかになっていませんでしたが、SNSに結婚式の模様の写真などがアップされており、とても綺麗な方のように見受けられます。

新潟で家族3人、支えられながらも楽しい生活を送られているのではないかと思います。




まとめ

永田務選手は、「自分の走りを、障害者という理由だけで見られるのは、まだそれだけの記録でしか走ることができていないから。まだまだ頑張らなきゃと思います」と力強く話しています。

残暑厳しい東京の街を駆け抜けるパラリンピックマラソン競技。目標に届くように、わたしたちも力強く応援していきたいですね!