水泳

成田真由美(水泳)の結婚や子供と高校大学は?プロフィール障害と年齢も【東京パラリンピック】

水泳日本代表の成田真由美選手は、今回の東京パラリンピックでなんと6大会目、というレジェンド級の選手です。

今回は成田真由美選手の結婚や子供、障害や年齢についてのプロフィールや高校、大学などの学歴をまとめてみました。

東京アクアティクスセンター(オリンピック水泳会場)の行き方アクセス!最寄り駅やバスも新型ウイルスの流行などが懸念される中、2020年夏に開催される東京オリンピックに向けてどんどんと期待が高まっていますね。 この記事...
木村敬一(水泳)の結婚や世界記録と身長は目は網膜剥離で全盲?プロフィールと出身中学高校大学も【東京パラリンピック】東京オリンピックの感動が冷めやらぬまま、今度は東京パラリンピックが開催されます。 今回は競泳の日本代表として出場する木村敬一選手に...




成田真由美選手が東京パラリンピック水泳に出場

6度目の出場となるパラリンピック。今までに15個の金メダルを獲得し、30歳以上年の離れた代表選手もいる中で、競泳女子の成田真由美選手は自身最後と決めた大会に向けて、これまでと変わらない意欲を持っています。

経験を積んでちょっとは平常心でいられるところがある。私の姿を見て、後輩が何か一つでも感じ取ってもらえれば」。競泳チームにとって、欠かせない存在感をみせています。




成田真由美選手のプロフィール・経歴・所属

成田真由美選手のプロフィールをまとめてみました!

  • 名前:成田 真由美(なりた まゆみ)
  • 出身地:神奈川県川崎市
  • 生年月日:1970年8月27日
  • 年齢:51歳
  • 身長:174cm
  • 体重:55Kg
  • 所属:横浜サクラスイミングスクール

成田真由美選手が水泳を始めたのは、23歳の時。身体障害者スポーツクラブに通う仲間から誘われたのがきっかけだそう。水泳を始めてからというもの、メキメキとその実力を伸ばし、1996年のアトランタパラリンピックに初出場し、見事金メダルを勝ち取りました。

その後も、シドニー、アテネ、北京と、パラリンピック水泳の常連選手となった成田真由美選手。金メダル15個、銀メダル3個、銅メダル2個の合計20個のメダルを獲得しています。その圧倒的すぎる実力から、つけられた称号は「水の女王」。今なお、頂点に君臨しているのです。




成田真由美選手の出身中学高校大学

成田真由美選手の学歴も調べてみました。

  • 中学校:不明
  • 高校:不明
  • 大学:放送大学

成田真由美選手の出身中学校や高校などの詳細な情報はわからなかったのですが、大学は放送大学を卒業されているそうです。しかしながら県立高校卒業との話があったため、おそらく地元の高校を卒業されているのではないでしょうか。




成田真由美選手の病気や障害とは?

成田真由美選手は中学時代に「横断性脊髄炎」を発症し、下半身が麻痺してしまいました。他にも、心臓病や高血圧症などを患い、入退院を繰り返してきたそうです。

水泳を始めてから、大会からの帰りに交通事故に遭い頸椎を損傷。左手の麻痺と体温調節機能の低下などの後遺症が残ったそうです。

その後子宮筋腫を患い、手術を受けたといいます。かなり大きな腫瘍だったと伝えられていましたが、一命を取り留めたのは奇跡ともいえるでしょう。




成田真由美選手の結婚や子供は?

成田真由美選手は2001年に一般男性と結婚しています。使用している車椅子を製作する福祉機器メーカーに勤務している方との情報がありました。

出産することが夢と語っていた成田真由美選手ですが、お子さんは子宮筋腫の影響からかいらっしゃるという情報はありませんでした。




まとめ

成田真由美選手がパラリンピック過去5大会で獲得した金メダルはパラ日本選手最多の15個。一時引退するものの、招致から携わった東京開催決定をきっかけに競技に復帰するという精神力はものすごいものがあります。

肺の機能が弱く新型コロナウイルス感染の不安を抱えながら50歳で挑戦する通算6回目のパラリンピック。また金メダルのコレクションが増えるといいですね!

東京アクアティクスセンター(オリンピック水泳会場)の行き方アクセス!最寄り駅やバスも新型ウイルスの流行などが懸念される中、2020年夏に開催される東京オリンピックに向けてどんどんと期待が高まっていますね。 この記事...
木村敬一(水泳)の結婚や世界記録と身長は目は網膜剥離で全盲?プロフィールと出身中学高校大学も【東京パラリンピック】東京オリンピックの感動が冷めやらぬまま、今度は東京パラリンピックが開催されます。 今回は競泳の日本代表として出場する木村敬一選手に...