オリンピック

五輪開会式の動くピクトグラムは誰でが〜まるちょばのヒロポン?パントマイムパフォーマーの中の人は?仮装大賞と話題!

東京オリンピック開会式にて動くピクトグラムとして50個のピクトグラムを動きで表現したパフォーマーが面白いと話題です。

そこで今回は中の人は誰なのか?調べてみました。




動くピクトグラムが話題

オリンピックには50個のピクトグラムがあり、それを今回は動きで表現するということで、パントマイムパフォーマーがそれを表現しました。

生半分以上表現したので、ものすごいできでした。一瞬ミスしたところもありましたが、その後は全て完璧にやっていたと思います。

途中映像も挟んでいたのでそこは録画だとは思いますけどね。




松岡修造も表現していた

これも面白いのですが、この動くピクトグラムといえば、松岡修造さんもやっていたようなんです。

これを見るとただのギャグに見えますけど、パフォーマーのやつはカメラワークといい、めちゃめちゃ面白く感じましたね!

個人的にも開会式のパフォーマンスの中で一番好きでした!




動くピクトグラムのパフォーマーは誰?

https://twitter.com/nhk_sports/status/1418581048217292800

では、中の人は誰なのでしょうか?

協力者が数人いた感じだったので、恐らくパフォーマーの集団だと思います。

少なくとも3人以上はやっていて、舞台の外にも道具を渡しているサポートの方もいたと思います。

調べると『が〜まるちょば』という方だという情報がありました。

そしてクリエイター名に『が〜まるちょば』のひろぽんさんの名前がありますね。


https://twitter.com/BTSatomi/status/1418595058010394633

はじめはシュールだと思いましたが、見ていくにつれて凄いと思いました!


海外でも活動しているようです。




欽ちゃんの仮装大賞とも話題

仮装大賞みたいだと話題になっていましたが、音楽も仮装大賞っぽい感じなんですよね笑

クオリティ的にも仮装大賞なんですけど、あのたくさんのピクトグラムを表現したのは本当に凄いと思いました。

よく覚えられますよね笑

ともかく笑いましたし、パフォーマーの方も凄いと思いました!