最新情報

オリンピック2021開会式演出メンバーの現在は誰?内容や後任はどうなる?

オリンピックの開催まであと2ヶ月を切り、カウントダウンが着々と始まって来ました。

テレビのニュースでも、連日オリンピック関連の話題が取り上げられ、関心は徐々に高まっています。

2021年7月23日に開催される東京オリンピック開会式ですが、どのような状況になっているのでしょうか?

また気になるその内容などについて、調べてみました!




オリンピック2021開会式演出メンバーで過去にトラブル

東京オリンピック2021の開会式について、演出メンバーで一部トラブルがあったことは記憶に新しいかと思います。

コロナ禍でオリンピックの開催すら危ぶまれていた2020年12月、開閉会式の演出チームとして2018年7月に発表されていた、狂言師野村萬斎さんを代表とし、アーティストの椎名林檎さんやPerfumeの振付でも知られる演出振付家MIKIKOさんなどで構成されていたチームが一旦解散となったのは記憶に新しいかと思います。

その後、総合企画・エグゼクティブ・クリエイティブ・ディレクターによる女性お笑いタレントの差別的侮辱を含む演出案がLINEのグループチャットのスクリーンショットごと週刊誌に流出、結果としてこのディレクターは謝罪の上辞任しています。

コロナ禍の影響に端を発するとはいえ、演出の凄さ、というよりもゴシップ記事で世論を賑わせている印象が否めません




オリンピック2021開会式演出メンバーの現在は誰で後任は?

オリンピック2021開会式演出メンバーについて、大会組織委員長の橋本聖子氏は総合企画・エグゼクティブ・クリエイティブ・ディレクターの後任を置かないと語っていました。

というのも今回のコロナ禍の騒動などで、かなり日程や開催可否などが流動的になっていることや、この発表が出たのが2021年の3月だったことから、残された時間を考えての決断だったように思えます。

ただ、この演出メンバーには、劇作家・演出家の小林賢太郎氏(元お笑いコンビのラーメンズ)が残留しているとの話がありました。

おそらくは彼らを中心に作業が進んでいるのではないかと考えられます。




オリンピック2021開会式の日程や祝日と交通規制について

https://twitter.com/grind_iruma/status/1397751526253232130

オリンピック2021開会式は以下のスケジュールにて開催されます。

  • 日時:2021年7月23日 20:00-23:00
  • 場所:国立競技場

これに伴い、前日の7月22日が海の日、7月23日がスポーツの日として祝日になります。

なんと7月22日から4連休となるわけですね。

ただし、単純に祝日が増えたわけではなく、年間の祝日を移動して当てているため、元々あった祝日がなくなって平日になっています。

予定を組むときは注意が必要です。

ただし、選手の移動などに合わせ、大規模な交通規制が計画されています。

昼間から深夜にかけて、というざっくりとした発表のため、何時からなのかがわからないのが辛いところです。

当日はもちろんオリンピック期間中は、都心部への車での移動は極力避けたほうが良いのかもしれません。

もちろん迂回路なども想定されているかと思います。

不要不急の外出の際には事前にルートの確認や、交通規制の有無も調べておいたほうが良さそうです。




オリンピック2021開会式の演出内容は?

実はオリンピックは東京2021に限らず、どの大会に至っても事前にその演出内容が知らされず、極秘裏に作業が進められています

というのも、オリンピックを取り仕切る国際オリンピック委員会(IOC)には莫大なテレビ局からの放映権料収入があり、2032年までの夏冬6大会における米国内での放映権について、米NBCと76億5千万ドル(約7780億円=当時)の契約を結んでいるといわれています。

もちろんこれは競技はもちろん、開閉会式などのセレモニーも全て含んでいます。

そのため、事前に演出内容が流出してしまうと「知ってるから観なくていいや」「あとでダイジェストで観ればいいや」と視聴者が離れてしまう原因となり視聴率が低下、結果としてテレビ局のマイナスとなってしまうのです。

事前に流出した際の違約金なども、もちろん莫大に発生する契約となっていると考えられるため、事前に内容が流出することはありません

ただ、過去の大会では意外と笑えないトラブルもあったようです。

  • 実際の花火に見せかけて実はCGを駆使した演出だった
  • 演出で飛ばしたハトが聖火で焼死してしまった
  • 五輪のはずが四輪になってしまった

そのあと演出責任者がどれだけの責を負ったのかはわかりませんが、実際に遭遇したら生きた心地がしなさそうですね。

また、アーチェリーのパラ選手が夜空に火のついた矢を放って聖火台に火を灯したジェット噴射装置をつけたロケットマンが空中遊泳するなど、ショーとしてはかなり派手だったりドラマチックな演出を持ってくることも多いようです。




まとめ

東京オリンピック2021大会では、最初のロゴマーク類似問題や大会組織委員長の差別的発言、新型コロナウイルスによる延期など、どちらかと言うとネガティブな話題が盛り上がることが多かったような印象です。

そんな困難を乗り越えてもうすぐ開幕を迎えるオリンピック。その開会式の演出がどのようなものなのか、期待と興味が高まりますね。