水泳

山口尚秀(四国ガス)のプロフィールと知的障害とは?中学高校や出身も

オリンピック・パラリンピックのまさに花形競技といえる「水泳」。

さて今回は、2020東京パラ五輪水泳日本代表に内定した山口尚秀」選手について、紹介したいと思います!

山口選手の魅力もお伝えできればと思います!




山口尚秀選手が東京パラ五輪の水泳100m平泳ぎに出場


2019年9月11日(現地時間)、山口選手は、ロンドンで開催されたパラ水泳の世界選手権男子平泳ぎで優勝しました!

そして東京パラ五輪の切符を手に入れました。

世界選手権初出場だった山口選手は、当時の世界記録保持者に勝ち、1分4秒95という世界新記録を樹立しました。




山口尚秀選手のプロフィール・経歴・出身


山口選手のプロフィールを紹介します!

・名前:山口尚秀(やまぐち・なおひで)
・生年月日:2000年10月28日
・出身:愛媛県今治市
・身長:187㎝
・体重:85㎏
・所属:四国ガス

山口選手は3歳の時、知的障がいを伴う自閉症と診断されました。

幼いころから祖父母とともに歩行欲に通って水に親しんでいたそうです。

そして、小4からスイミングスクールに通い始めました。当初は週1の障がい児コースに通っていたそうです。




山口尚秀選手の成績


山口選手の主な成績はこのようになっています。

2019 世界パラ水泳選手権大会(イギリス)
   100m平泳ぎ1位*世界新記録
   100m平泳ぎ16位
   200m個人メドレー17位
   100mバタフライ8位
2019 ジャパンパラ水泳競技大会(神奈川県)
   100m平泳ぎ1位
   50m自由形2位
   100m背泳ぎ5位

まだ19歳という若さですから、世界大会への出場経験も少ないですが、素晴らしい成績を残していますね!

世界新記録を残していますから、パラリンピックでもメダル獲得が期待できます!




山口尚秀選手の学歴(中学高校大学)


山口選手は、小学校から高校まで「今治特別支援学校」に在籍していました。

2016年に岩手で開催された全国障害者スポーツ大会への出場を機に、高1の冬から選手コースで週6の練習を開始したそうです。

高校卒業後、大学にはいかず今治市役所に勤務しました。

より練習できる環境を求め、2019年12月に四国ガスに転職します。




山口尚秀選手の知的障害とは?


先ほども紹介したように、山口選手は3歳の頃に知的障害と診断されました。

母親の由美さんによれば、もともとこだわりが強いことに加えて他人とのコミュニケーションや団体行動が苦手な子供だったそうです。

そのため、ひとりひとりの良い面を伸ばすことを教育理念としている特別支援学校を選択しました。

高校時代にはつらい経験があったそうですが、「水泳」が救いとなったそうです。




まとめ


今回は、山口選手について紹介してきました。いかがだったでしょうか?

19歳という若さで世界新記録をだす山口選手の活躍が楽しみですね!

ぜひ皆さんで応援しましょう!

最後まで読んでいただきありがとうございました。