カヌー

瀬立モニカの事故やハーフ出身とwikiは?高校中学大学や父親母親も

皆さんは。リオパラリンピックから新競技となった「カヌー」をご存知でしょうか?

オリンピックでも注目されつつあるカヌーですが、今回の記事では、2020東京パラ五輪カヌー日本代表に選ばれた、

瀬立モニカ」選手について紹介します!




瀬立モニカ選手が東京パラ五輪の女子・パラカヌーに出場


瀬立選手は、昨年行われたパラカヌー世界選手権ハンガリーセゲド大会で、KL1 WOMEN200m 第5位入賞となり、6位以内に与えられる東京パラリンピックの出場権を獲得しました。

2020東京パラリンピック・カヌー競技の会場は、瀬立選手の出身でもある江東区に決まりました!




瀬立モニカ選手のプロフィール・経歴・出身


瀬立選手のプロフィールを紹介します!

・名前:瀬立モニカ(せりゅう・もにか)
・生年月日:1997年11月17日
・年齢:22歳(2020年5月現在)
・出身地:東京都江東区
・所属:江東区カヌー協会
・身長:165.5㎝
・体重:52㎏

瀬立選手は子供の頃から運動が大好きだったようで、特にカヌー・テニス・バスケに力を入れていたそうです。

江東区には、首都高7号線の高架下にある堅川河川敷公園内にカヌーやカヤックをする場があります。

そのような環境に住んでいたからこそ、カヌーに出会えたのかもしれませんね!




瀬立モニカ選手の成績


瀬立モニカ選手の競技実績について紹介します!

2014 日本パラカヌー選手権大会 女子KTA優勝
2015 パラカヌー海外派遣選手選考会 女子KL1優勝
2015 日本パラカヌー選手権大会 女子KL1優勝
2016 リオパラリンピック 女子カヤックシングル 8位
2016 アジアパラカヌー選手権 女子KL1優勝
2017 カヌースプリントワールドカップ 女子KL1優勝
2017 日本パラカヌー選手権大会 女子KL1優勝
2017 アジアパラカヌー選手権 女子KL1優勝
2018 カヌースプリントワールドカップ 女子VL2優勝
2019 カヌースプリントワールドカップ 女子LV1優勝
2019 日本パラカヌー選手権大会 女子KL1優勝

まだまだ多くの成績を残している瀬立選手ですが、素晴らしい成績を残していますね!

パラリンピックでもメダル獲得が期待できそうです!

リオパラリンピックでは競技復帰からわずか2年後なのに、ベスト8という結果を残したのは本当に凄いですよね。




瀬立モニカ選手の学歴(中学高校大学)


瀬立選手は、江東区出身のため、地元の「江東区深川第一中学校」が出身です。中学時代からカヌー部に所属していました。

高校では、東京都にある「宝仙高校学園校」に進学します。中高一貫校ですが、高校からの入学だそうです。

高校1年生の時、国体予選の直前に体育の授業中にケガをし、下肢の筋肉に力の入らない「体幹機能障害」になりました。

胸から下が動かせないようになり、車いす生活となりました。

高校卒業後は、「筑波大学」に進学します。体育専門学群を専攻しているそうです。




選手の父親や母親とハーフ?


瀬立選手のご両親はどのような方なのでしょうか?

お父さんについて確かな情報はありませんでしたが、お母さんは看護師をしているそうです!

お父さんが医者という情報もありましたが、もしかしたら医療つながりで結婚なさったのかもしれませんね。

瀬立モニカ選手の名前を見て、もしかしたらハーフなの?と疑問に思った方もいるかもしれませんね。調べてみたろ、瀬立選手は純日本人だそうです。

モニカ」という名前を付けたのは、お母さんだそうで、カトリックだったお母さんがクリスチャンネームを付けたそうです。

クリスチャンネームというのはいわゆる「洗礼名」です!




まとめ


今回の記事では、2020東京パラリンピックカヌー日本代表に選ばれた、「瀬立モニカ」選手について紹介してきました!

障害に負けず、大好きなカヌーに取り組む瀬立選手に魅力を感じた人も多いことかと思います。

ぜひ皆さんで応援しましょう!

最後まで読んでいただきありがとうございました。