選手情報

鈴木徹(パラ走り高跳び)のプロフィール経歴や結婚嫁と彼女、出身中学高校大学も

東京パラリンピック五輪では、走り高跳びという種目があります!

その走り高跳びで、既にパラリンピック5大会連続入賞を果たしている選手が、鈴木徹選手です

そこで今回は、鈴木徹(パラ走り高跳び)選手のプロフィール、経歴や出身中学、高校、大学などを紹介します!




鈴木徹選手が東京パラ五輪の男子・陸上競技に出場

鈴木徹選手は、パラリンピック5大会連続の入賞者であり、2019年にUAEで開催された世界パラ陸上競技選手権大会にて男子走り高跳び3位を果たしました!

その結果、東京パラリンピック五輪日本代表に内定しました!6大会連続での入賞、メダル獲得を期待したいですね!




鈴木徹選手のプロフィール・経歴


鈴木徹選手は、山梨県山梨市出身の走り高跳びの選手です!中学、高校までハンドボールで
優秀な成績を勝ち取りましたが、交通事故にあい、走り高跳びを開始します。

競技開始からわずか3ヶ月で、パラリンピックの出場基準を上回り、日本人初となるパラリンピック走り高跳びの出場を果たしました!

現在は、SMBC日興証券に所属しながら東京パラリンピック五輪に向けて、準備を行っています!

プロフィール

名前:鈴木徹(すずき とおる)
生年月日:1980年5月4日
年齢:40歳
身長:179cm
体重:64kg
出身地:山梨県山梨市
所属:SMBC日興証券

中学時代、高校時代とハンドボール部に所属し、駿台甲府高校在学中に山梨県代表選手として国体で3位入賞します!

その後、筑波大学体育専門学群に推薦入学が決まりますが高校卒業直前に自らが運転していた車で交通事故を起こし右足膝下11cmを残して切断しました。筑波大学を1年間休学し、リハビリのため東京身体障害者福祉センターに入所をします。入所後、義肢装具士の臼井さんとの出会いやリハビリがきっかけで、走り高跳びを始めます!

そして、陸上競技を開始してから3ヶ月でシドニーパラリンピックの大会参加基準である1m73cmを越え日本人初の走り高跳び選手としてパラリンピックへ出場を果たします

パラリンピック五輪では、シドニーに続き、アテネ、北京、ロンドン、リオの各大会に出場し、5大会連続入賞を果たすことが出来ました!




鈴木徹選手の成績

鈴木徹選手は、数々の国内外の大会で入賞を果たした世界を代表する選手です!

2006年には、当時世界で2人しかいない義足で2mを跳びました

パラリンピック五輪5大会連続で入賞を果たし、日本の走り高跳びのパイオニアと言われる選手ですね!

成績

2000年
シドニーパラリンピック
男子走り高跳び 6位
2004年
アテネパラリンピック
男子走り高跳び 6位
2006年
ジャパンパラリンピック
2mを跳び、世界で2人しかいない義足で2mを
跳べるジャンパーとなる。
2008年
北京パラリンピック
男子走り高跳び 5位
2012年
ロンドンパラリンピック
男子走り高跳び 4位
男子4×100mリレー 4位
2014年
インチョン2014アジアパラ競技大会(韓国) 男子走り高跳び 4位
男子4×100mリレー1位(多川、佐藤、鈴木、山本)
2016年
リオパラリンピック
男子走り高跳び 4位
2017年
世界パラ陸上競技選手権大会(イギリス)
男子走り高跳び 3位
2019年
世界パラ陸上競技選手権大会(UAE)
男子走り高跳び 3位




鈴木徹選手の学歴(中学高校大学)


鈴木徹選手は、筑波大学出身の走り高跳びの選手です!

卒業された駿台甲府高校学校法人 駿台甲府学園が運営しており、小学校、中学校、高校と一貫教育を行っております!

高校は、普通科美術デザイン科通信制課程があり優秀な人材を多数輩出しています!

学歴

中学:山梨市立山梨北中学校
高校:駿台甲府高校
大学:筑波大学




鈴木徹選手の結婚した妻や彼女がいる?


鈴木徹選手は、結婚されていて奥様がいらっしゃいます。子供2人の4人家族で暮らしているようです。

奥様は、鈴木徹選手に「足1本くらいどうでもない」と豪語したそうで気の強そうな奥様なのかもしれませんね。




まとめ

今回は、鈴木徹(パラ走り高跳び)選手のプロフィール、経歴や出身中学、高校大学などを紹介しました!

パラリンピック6大会連続の入賞、メダル獲得に向けて、応援したいですね!

東京パラリンピック五輪でも活躍を期待しましょう!